●老齢年金が支給停止になったり減額されたりする!!!

高齢者の労働は重要な課題でありご存知の様に60歳になると老齢年金の受給権は発生しますが退職をして無職にならない限り一般的には60歳以降に給与がある限り老齢年金は大幅にカット、もしくは支給停止【在職老齢年金として】になります。

このたび法律改正により70歳以降も減額対象とされました。
従業員の場合はほとんどが65歳までで退職されますが、代表者様や取締役様におかれましては会社に借入金があったりその他の諸事情で第一線を退く事さえままならない状況も見受けられます。

当事務所ではこの老齢年金と給与【役員報酬】との組み合わせで、もっとも最適、つまり会社と社長様の両当事者が最も得をする給与額を算出しアドバイスをさせていただくサービスをしております。

是非ご用命ください。


●60歳以降の最適な給与額は存在する!!

老齢年金と給与【役員報酬を含む】の関係においては計算次第では会社、従業員ともにプラスになる最適な金額が存在します。

当事務所では従業員【役員】の年金に関するデーターにより最適な給与額を計算する方法は、皆様方からたくさんご依頼をいただいております